アメトリン各種
アメトリンとは、アメジスト(紫水晶)と、シトリン(黄水晶)が混ざり合ってできたものです。
アメトリン自体、結構珍しく、その加工品ともなると、やはり数少ないといえます。
とくに、紫と黄の境目がはっきりしているものが良いとされているのですが、
今回ご紹介するものも写真のとおり、かなり質の良いものです。
アメジストへ

アメトリンタンブル
ナチュラルのアメトリンをタンブルにしたもので、
どれも、色分れがはっきりして、とても綺麗です。
アメトリンタンブルB
濃いアメジスト、シトリン、淡いアメジストという組み合わせの一品。透明感が美しく、見る向きによっての表情の変化が楽しめます。
ボリビア 幅約38×22×18ミリ 21g ポーチ付¥2,800
アメトリンタンブルD
アメジストとシトリンの色分かれしている様子がよく観察できる一品。それぞれ色合いがしっかりしていて、透明感も美しいです。
ボリビア 幅約42×25×14ミリ 21g ポーチ付¥2,800


アメトリン結晶
とても特徴的な結晶形で知られる、アメトリン結晶。
色合いがはっきり分かれているものほど価値が高いとされます。
稀少な石でもあり、コレクションにお勧めです。

アメトリン結晶B

一本の太い結晶の周りに、沢山の細かい結晶が見られる一品。カテドラルのような雰囲気です。一つ一つの結晶に立体感があるので、とても入り組んでいます。大きい結晶は先端が水晶のような結晶面をしています。色合いが濃く美しいです。

ボリビア サンタクルス アナヒ鉱山
長さ約180×幅約50×32ミリ
295g ¥30,000

反対側から見た様子。先端以外が他のポイントとの接合痕になっています。こちらの面からだと色合いの濃さが良く分かり、色分かれがはっきり観察できます。
左:シトリンの筋が斜めに走っています。色合いが濃くて、はっきりしています。

左下:結晶先端の様子。先端部はこのように水晶のような結晶面を持っています。

右下:沢山の小さなポイントに囲まれている様子。溶けた蝋のような、独特の結晶です。



アメトリン結晶D

やや平たい形状の結晶で、ライトカラーが綺麗です。透明感があり、アメジストとシトリンの色合いがバランスよく混ざり合っている様子が観察できます。端のほうなどところどころにダメージが見られるのが残念ですが、入り組んだ結晶形や、つや消し状の独特の光沢感が綺麗です。

ボリビア サンタクルス アナヒ鉱山
長さ約107×幅約42×30ミリ
125g ¥20,000
反対側の面から見た様子。細かい結晶面の重なりが見られます。
拡大図。パープルとイエローが綺麗に混ざり合っています。
横から見た様子。凹凸が多く、先端部には比較的厚みが見られます。



アメトリン結晶E

先端に向かって太く成長しているポイント。全体的に厚みがあり、しっかりとしており、長さはそれほどでもありませんが、まとまりがあります。結晶面の凹凸も比較的少ないです。明るい色合いで、透明感があり、パープルとイエローの混ざり具合が綺麗です。ところどころにダメージが見られるのがちょっと残念です。

ボリビア サンタクルス アナヒ鉱山
長さ約89×幅約43×30ミリ
137g ¥18,000
別の向きから見た様子。縦方向に含まれているシトリンの筋がよく分かります。
拡大図。パープルとイエローが混ざり合っている様子が観察できます。
別の向きから見た様子。



アメトリン結晶F

比較的長さがあり、まとまりのある形状の一品。ところどころに立体感のある結晶面を持ち、棍棒のような雰囲気です。明るく鮮やかなパープルの色合いで、中心のほうなどに、シトリンのイエローが筋状に含まれている様子が観察できます。表面はつや消し状の光沢ですが、内部の透明感が分かります。

ボリビア サンタクルス アナヒ鉱山
長さ約130×幅約37×28ミリ
159g ¥35,000
シトリンのイエローの筋が観察できます。全体の色合いが明るいです。
別の向きから見た様子。部分により厚みが様々です。
透明感が綺麗です。



アメトリン結晶G

先端がポイント状に尖っているタイプの結晶。比較的長さもあり、しっかりとしたサイズがあります。側面部にはキャンドルクォーツ状の、細かい結晶面の重なりが見られます。内部はクリアーで、濃く鮮やかなパープルとイエローの色合いが観察できます。ポイント表面は、鉄分を含んだ土壌の成分による赤色が見られます。

ボリビア サンタクルス
アナヒ鉱山
長さ約150×幅約62×38ミリ
357g ¥38,000
別の向きから見た様子。共生している小さなポイントは下の部分がなく、大きいポイント部分に接合痕が見られます。
鉄分を含んだ土壌の成分による赤色が見られる面。この部分も接合痕になっています。
先端部の拡大図。一部にシトリンの色合いが見られます。
ちょっと分かりづらいですが、中間部辺りにシトリンの鮮やかなイエローが分布していて綺麗です。光にかざすとよく分かります。


アメトリン球
アメジストの紫とシトリンの黄の組み合わせは、色に深みがあり、
また角度によって表情が変化するので、眺めていて飽きません。


アメトリンスライス
アメトリンの結晶をスライスしたもので、
紫と黄に色分れしている様子(ブラジル式双晶)がよく観察できます。
側面は天然のままの状態です。
ボリビア サンタクルス

アメトリンハート
クリアーで、パープルとイエローの色調が美しいハートです。
高品質のアメトリンを使用していて、色に深みがあります。



トップページへ