玉髄結晶各種

めのう各種へ


鍾乳石玉髄A

根元のほうに断面の綺麗な同心円が見られ、先端のほうまで中心が空洞になっている様子が観察できる一品。もこもことした形状がユニーク。

インドネシア ジャワ島
長さ約33×幅約11×10ミリ 4.3g
¥1,800


鍾乳石玉髄B

ストレートでシンプルな形状の一品。表面が少しもこもことしています。中心部が空洞になっている様子が観察できます。

インドネシア ジャワ島
長さ約34×幅約10×10ミリ 4.1g
¥1,800


鍾乳石玉髄C

太さがあり、ストレートな形状の一品。根元のほうにも小さく成長した鍾乳石状玉髄の一部が見られます。

インドネシア ジャワ島
長さ約33×幅約15×11ミリ 6.6g
¥2,300


鍾乳石玉髄D

所々にもこもことした凹凸が見られる一品。先端のほうまで中心部の空洞が続いている様子が見られます。

インドネシア ジャワ島
長さ約40×幅約17×11ミリ 5.8g
¥2,300


鍾乳石玉髄E

しっかりとした太さのある一品。また、表面にもこもことした凹凸がたくさん見られるもの特徴です。中心の空洞は先端のほうまで続いています。

インドネシア ジャワ島
長さ約35×幅約16×14ミリ 10.8g
¥3,500


鍾乳石玉髄F

大中小三つの柱が並んで育っていて、まるで親子のような雰囲気のある一品。所々に透明感が見られます。根元がダイナミックな雰囲気です。

インドネシア ジャワ島
長さ約48×幅約25×24ミリ 20.1g
¥6,000



ブラジル産玉髄結晶
玉髄の軸の周りに、細かい水晶やアメジストが結晶しているものです。
キラキラと細かい光沢がとても綺麗です。

玉髄結晶A


ごく淡いアメジストカラーの一品。キラキラ光るツララ状の結晶がいくつか連なっていて、綺麗です。全体にそれほど厚みはありませんが、立体感が良く観察できます。

ブラジル リオグランデ・ド・スル
幅約75×62×高さ約28ミリ 102.9g
¥6,500



玉髄結晶B


母岩自体も厚みがあり、結晶が見られる面も立体感があり、程よいサイズながら、ダイナミックな雰囲気の一品。わずかに薄紫を帯びた結晶がキラキラと華やかにきらめいて、とても美しいです。小さな柱石状の結晶が観察できます。

ブラジル リオグランデ・ド・スル
幅約53×48×高さ約47ミリ 108.4g
¥7,000



玉髄結晶G


無数の柱状結晶が同じ方向に伸びていて、とても迫力のある一品。軸となっている玉髄の色の違いでか、黒っぽい結晶に混ざって、白っぽい結晶も見られます。いずれも表面がとてもきめ細かく結晶していて、光沢が大変綺麗です。母岩に厚みがあり、いくつかの面を平らにしてあるので、色々な向きに立てて置く事が可能です。

ブラジル リオグランデ・ド・スル
幅約121×83×63ミリ 746g
¥20,000
左:無数の柱状結晶がびっしりとならんでいます。光沢がとても華やかで美しいです。

左下:側面の一部の様子。白っぽい結晶と黒っぽい結晶が見られます。

右下:勢い良く伸びている様子や、光沢感など、眺めていて飽きません。




インド玉髄結晶A

つらら状の結晶です。深いグリーンの芯を中心に、細かい玉髄が結晶しています。くにゃくにゃと蛇行し、組み合わさっている様子が観察できます。

インド
長さ約63×幅約30×25ミリ
¥3,000


インド玉髄結晶E

比較的サイズの大きい一品。一つ一つの結晶の大きさも大きめです。三角形の結晶面がピカピカ光ります。良く見ると、さらに細かい結晶が付着し、キラキラ細かい光沢を放っている部分もあります。カクタスクォーツにも似た雰囲気があります。断面からは、内部に芯がある様子が観察できます。据わりが良く、立てた状態で安定して飾る事が出来ます。全体に奥行があり、見どころが多いです。

インド
幅約110×100×奥行50ミリ
419g ¥5,500

トップページへ