ナミビアフローライト各種

フローライト各種

セプターフローライト
大変珍しい、ユニークな結晶形のフローライト。
まるでキノコです。根元の色が濃くて、可愛いです。

セプターフローライトA

先端が綺麗な矢印型をしている一品。根元の方は鮮やかなグリーンの色合いで、途中から先端部の方にかけては、淡いグリーンになっています。裏面は、先端部に若干凹凸のある結晶面が見られます。

ナミビア エロンゴ
長さ約22×幅約17×10ミリ 3.3g
¥5,000


セプターフローライトB

先端部の表面に、土壌の鉄分による赤色が見られる一品。根元も太くしっかりしていますが、先端も比較的厚みがあります。根元の方は鮮やかなグリーンが綺麗です。

ナミビア エロンゴ
長さ約20×幅約16×14ミリ 4.4g
¥5,000


セプターフローライトC

根元の方は細く、先端が大きく成長していて、先端をつまんで軽く引っ張ったような結晶形が特徴的です。根元の方ははっきりしたグリーンで、先端部の方は淡いグリーンです。表面の所々に白っぽい土壌の成分が見られます。

ナミビア エロンゴ
長さ約25×幅約15×12ミリ 4.7g
¥5,000


セプターフローライトE

表面のところどころに土壌の成分が見られる一品。根元の部分に比較的しっかりとした太さが見られ、発色も綺麗です。結晶はしっかり全体が残っています。

ナミビア エロンゴ
長さ約24×幅約16×13ミリ 4.5g
¥4,800


セプターフローライトF

せぷたーらしい形状がしっかりと出ていて、結晶の状態も綺麗に残っていて良いです。色合いや透明感も綺麗です。

ナミビア エロンゴ
長さ約27×幅約16×13ミリ 5.7g



ナミビアフローライトA

表層はほぼ無色、内側に濃いパープルの色合いが分布しているフローライト。しっかりめのサイズ感で、結晶に厚みがあり、光にかざすとアメジストに似た鮮やかなパープルの色合いが良く観察でき、綺麗です。角度によって、パープルと無色の狭間にグリーン系の色合いがほんのり含まれているのが分かります。

ナミビア オコルス
幅約85×55×高さ約45ミリ 229g
¥4,800


ナミビアフローライトE

グリーンのフローライト結晶が白い長石の上に分布していて、半透明な色合いが綺麗です。一部にはアラゴナイトの細かい結晶も共生しています。様々な表情が楽しめる一品です。

ナミビア オチョソンデュパ州
オティワロンゴ オコルス鉱山
幅約34×27×高さ約28ミリ
21.7g ¥2,000


ナミビアフローライトJ

母岩も含め、ほとんどフローライトの成分で形成されている一品。淡いグリーンの結晶が集まっていて、根元の方の中心部に、パープルの色合いがちょっとだけ含まれています。裏面には濃いパープルのフローライトが集まっています。

ナミビア オチョソンデュパ州
オティワロンゴ オコルス鉱山
幅約54×38×高さ約24ミリ
57.3g ¥3,000


ナミビアフローライトL

ごく淡い水色系のフローライトの表層付近に、パープルの色合いが分布している一品。光にかざすと、色が浮かび上がって、よく観察できます。中心部の方に、エジリンの結晶が共生しています。

ナミビア オチョソンデュパ州
オティワロンゴ オコルス鉱山
幅約43×33×23ミリ
40.6g ¥3,000



蛍石/緑柱石/雲母

白からベージュの長石の上に、淡いグリーンやパープルの混ざり合ったフローライトが被さり、そこから、菱形の雲母や、アクアマリンの結晶が顔を出している一品。アクアマリン結晶は、フローライトと似た色合いで、濃いグリーンのフローライトの上の方から、外側に向かって伸びています。雲母も柱状に成長していて、面がぴかぴか光って綺麗です。

ナミビア
幅約130×65×高さ約40ミリ
216g ¥28,000
左上:側面の様子。光っている部分がアクアマリン結晶です。やや濃いめの色合いで、最初はフローライトと見分けがつきづらいです。

右上:先端が平らではなく、欠けているように見えますが、天然の結晶面です。

左:他にも光っている部分がアクアマリンです。

左下:菱形の雲母がよく光ります。柱状に伸びています。

右下:フローライトはグリーンとパープルの混合のような色合いです。


トップページへ