ほりもの各種

いるか くじら ふくろう かえる かめ ドラゴン
水入りめのう彫り物 仏像
 天使


めのう鯉A

山梨の職人さんの彫りによるめのうの鯉です。しっぽをぴっと上げて、躍動感があります。全体的にグレー系の縞瑪瑙ですが、上の方の一部にカーネリアンの赤みがかった色合いも見られます。お口をあけた、ちょっととぼけた表情が可愛らしいです。あと、お腹側もつるっとして綺麗です。

幅約150×75×高さ約65ミリ 455g
¥55,000



めのう鯉A

山梨の職人さんによる手彫りの鯉です。尻尾をちょっとひねって上げたポーズで、躍動感があります。全体的にグレーの色合いで、下のほうに縞が見られます。また、胴体の中心部にも縦方向の模様が入っているのが特徴です。お腹側は上部との色分かれがはっきりして薄い色になっていて可愛らしいです。鯉らしいちょっととぼけたお顔も可愛いです。

幅約150×75×高さ約70ミリ 471g
¥55,000


水晶鯉A
波の上に仰向けになり、手を叩いているポーズの一品。ユーモラスな表情で、水晶の透明感も綺麗です。波の部分はつや消しになっています。
拡大図。ヒゲがないので、もしかすると鯛かもしれません。しっぽの付け根の方に波がかかっています。
鯉:幅約67×32×高さ約53ミリ 79.7g
木製台付き¥12,000
↑反対側から見た様子。台からは簡単に外れます。外した状態でも、据わりがよく、置いて飾れます。 ↑上から見た様子。斜めから見ると、内部のレインボーがきらめくのが分かります。


水晶鯉B
蓮の葉っぱの左右に波が彫り込まれ、中心には鯉が仰向けに泳いでいるデザインです。画像だと分かりづらいですが、水晶に透明感があり、波部分はつや消しになっています。手を合わせたポーズが可愛いです。
拡大図。ヒゲもはえてるので、こちらは間違いなく鯉です。とぼけたような、可愛らしい顔をしています。台からは簡単にはずれ、その状態でも飾れます。
鯉:幅約78×44×高さ約35ミリ 125.5g
木製台付¥12,000
↑上の方から見た様子。 ↑背面から見た様子。実物はもっと透明感があります。



水晶鯉C

縦型の一品。水晶フリーカットの正面に、立体感のある鯉か鯛が彫り込まれています。ヒゲがないので、鯛でしょうか。ちなみに、どちらも開運の象徴です。大きな水晶玉か泡をくわえたモチーフで、上を向いてバランスをとっているかのような胸びれや、表情が可愛らしいです。

鯉:高さ約81×幅約46×46ミリ
193.9g 木製台付き¥15,000
拡大図。透明感や立体感が良く分かります。背面は壁をイメージしているのか、ところどころにひび割れたような模様が刻まれています。
横から見た様子。厚みがあります。底面が平らで据わりが良いので、台から外した状態でも飾れます。
背面から見た様子。鯉が透けて見えます。


タイガーアイ鷲
とても彫りの細かい、タイガーアイの鷲。爪、くちばし以外は、つや消しになっていて、正面から見ると、タイガーアイ特有の光沢が浮かび上がる様子が見られます。ブルータイガーアイが縞模様を作っていて、迫力を増しています。松の木や、岩肌の様子なども、リアルに彫り上げられています。鷲は、翼を広げ、口を開けたポーズで、飛び立つ寸前のような雰囲気です。
横から見た様子。鷲は、羽根の一枚一枚が、しっかりと彫り込まれています。松の木の肌のゴツゴツした感じや、茂った葉の様子も、しっかりと表現されています。

高さ約111×幅約50×奥行き約65ミリ
176.3g ¥30,000
↑背面から見た様子。こちらから見ても、光沢が綺麗です。岩肌の様子などがリアルです。 ↑横から見た様子。松の木の枝が特徴的です。鷲は、色合いもまるで本物のようです。
↑正面の顔の様子。表情も丁寧に彫られています。 ↑真上から見た様子。光沢が綺麗です。


ラピスイグアナ
母岩ごと磨いた、一体彫りの一品。灰色の、カルサイト質の母岩と、鮮やかなブルーのラピスの対比が見事です。上の方にイグアナがしがみついていて、透かし彫りの葉っぱが凝っていて、バランスも綺麗です。カルサイトにも、ラピスにも、金色のパイライトが散っていて、味わいがあります。イグアナは、とても細かく、リアルに彫ってあり、目は水晶を使用しています。愛らしい表情が魅力的です。どっしりとした重みがあり、安定感があります。
高さ約195×幅約75×69ミリ 764g ¥38,000
左上:イグアナを横から見た様子。可愛い顔をしています。

右上:イグアナの背中の様子。なかなかリアルに彫ってあります。

左:横から見た様子。

左下:ちょこんと顔を覗かせていて、愛嬌たっぷりで可愛いです。

右下:葉っぱは、透かし彫りになっています。



タイガーアイタイガー

その名の通り、タイガーアイを使用したタイガーです。木目のような、細かい模様が、まるで毛並みのようで、美しいです。正面や、背中を上から見ると、ちょうど虎目の模様が浮かび上がるようになっています。咆哮している表情なども、しっかり彫られていて、なかなか格好良いです。正面から見ると、飼い主に甘えているような愛嬌があります。

幅約135×46×高さ約90ミリ
492g ¥28,000
反対側から見た様子。こちらは濃いブラウンで、表面には細かい模様が見られます。
上から見た様子。毛並みのような、綺麗なタイガーアイ光沢が見られます。
正面を、斜め横から見た様子。良く見ると、なかなか可愛らしい顔をしています。
顔を上から見た様子。吠えている顔がしっかり表現されています。



白熊大

サイズがとても大きくて、立派なホワイトアラゴナイトの白熊です。毛の一本一本まで丁寧に掘り込まれていて、大変リアルです。ちょっととぼけたような、可愛らしい表情で、つぶらな瞳がとても可愛らしいです。目はガラスを使用しています。体格などがとても忠実に再現されていて、迫力があります。いまにも動き出しそうです。どっしりとした重みがあります。

体長約155×幅約73×
高さ約95ミリ
1195g ¥38,000
顔をほぼ正面から見た様子。全体に迫力がありますが、とても可愛らしい表情をしています。
横から見た様子。細かい隆起や、毛並みなどがとても丁寧に彫り込まれています。
上から見た様子。白熊らしい、どっしりとした体格です。
上の小さな白熊と組み合わせた様子。並べると、ちょうど親子のようです。


水晶タイガー
岩の上で咆哮する虎の彫り物です。水晶の一体彫りで、構えている体型もそうですが、全体のバランスがとても綺麗で美しい一品。体の縞模様は細い線で彫られています。口を開けた表情も良く、牙もしっかり彫り込まれていて、大変迫力のある表情です。岩になっている部分はあえてつや消しになっていて、虎は光沢感があります。額などにレインボーがきらめく様子が印象的です。
幅約155×73×高さ約105ミリ 784g ¥45,000
↑反対側から見た様子。表面全体になめらかな光沢がありますが、おなかの方は毛の感じが再現されています。
↑牙を剥いた表情が精悍です。今にも襲い掛かりそうな雰囲気です。
↑上から見た様子。なめらかな曲線です。
↑正面から見た様子。光って見える場所がレインボーで、実物はとても綺麗に光ります。表情がとてもリアルです。
↑口を大きく開けています。とても迫力があります。


トップページへ