束沸石各種

沸石各種へ


束沸石A


純白のトムソン沸石から、美しい束状の結晶が伸びています。先端に向かって広がっている様子などがよく観察できます。表面光沢が強く、ベージュ系の色合いが綺麗です。側面から、細かい結晶がいくつか生えています。

インド プーナ
幅約46×43×23ミリ
23.6g ¥2,800


束沸石C
ピンクオレンジ系の色合いの束沸石。束沸石の根元や側面には小さなアポフィライトが分布しています。母岩がアポフィライトのクラスターになっています。束沸石の表面には黒っぽい斑点が見られ、また、表層には透明感が観察できます。寝かせておくような形です。
インド プーナ 幅約74×41×高さ約25ミリ 68.0g ¥3,500



束沸石D


大小の束沸石が集まっていて、立体感のあるクラスター。それぞれ厚みがあり、放射状に広がった結晶形も良く観察できます。淡いイエローベージュ系の色合いで、表面にはきめ細かい結晶の光沢が見られ、綺麗です。

インド プーナ
幅約52×49×高さ約35ミリ
58.5g ¥3,800



束沸石E


細長い母岩を中心に、淡い薄桃色の束沸石が結晶しています。結晶の大きさは均一で、整っています。母岩の表層部には、さらに小さくて透明な結晶が沢山生えていて、可愛らしいです。その上に大きめの結晶が被さるようにして育っている様子が見られます。写真は暗くてわかりずらいですが、結晶の表面に光沢感があります。据わりの良い一品。

インド プーナ
幅約105×58×高さ約50ミリ
170g ¥4,000


束沸石F
打ちっぱなしのコンクリートを思わせるような母岩から、白い輝きを放つ束沸石が色々な方向に伸びている様子が印象的です。実際は、もう少し縦長の形状の母岩なのですが、接写した為、少し縮んで見えています。据わりが良いです。
Eの拡大図。さらに小さい、透明な結晶は輝沸石です。よく見ると菱形をしている様子も分かります。一見シンプルですが、眺めていて飽きの来ない一品。
インド プーナ
幅約130×62×高さ約65ミリ
330g ¥4,000



束沸石G


船のような形の縦長の母岩状に、大小の結晶がギッシリ生えています。小さな結晶の上に、さらに大きい結晶が被さるようにして育っている様子が分かります。大きい結晶は、薄いクリーム色をしていますが、向きによって、表面が紫がかった色合いになっています。鉱物的な美しさがじっくり堪能できる一品。

インド プーナ
幅約160×62×高さ約75ミリ
490g ¥6,000

Fの拡大図。小さな結晶が沢山。サイズに関わらず、どの結晶も表面に光沢感があります。



束沸石H


玉髄と束沸石の共生。なかなかダイナミックな雰囲気です。玉髄はとてもきめ細かい光沢を持った柱状の結晶が集まっていて、中心部には淡いピンクベージュの色合いの束沸石が集まっています。独特の光沢も観察できます。小さな輝沸石も端の方の隙間に共生しています。

インド プーナ
幅約87×76×高さ約65ミリ
248g ¥5,000
↑柔らかな色調が美しいです。 ↑側面から見た様子。



束沸石I

岩石の母岩上に、小さな結晶様の白い成分が薄く広がり、その上に柔らかいクリーム色の束沸石が結晶しています。全体のバランスが綺麗で、とても見立てが良く、美しいです。写真は暗いですが、実物はとても明るい雰囲気です。左上に束沸石の結晶が集まっていて、お花のようです。とても据わりが良いです。

インド プーナ
幅約100×70×高さ約75ミリ
350g ¥6,000
↑上から見た図。色々なサイズの結晶が見られます。  ↑結晶の拡大図。お花のように見えます。



束沸石J


長い形の母岩の上に結晶が分布している一品。緑色の母岩の表面を覆っているのは石英の細かい結晶で、ルーペで見るととても迫力があります。束沸石は、淡いピンク系の色合いや、表面光沢が美しく、特に中心のものは沢山の結晶が合わさっていて、立体感があります。その左右には、カルサイトの結晶も共生していて、独特の光沢や透明感が観察できます。

インド プーナ
幅約185×72×高さ約55ミリ
323g ¥7,800
左:立体感のある、綺麗な色合いの束沸石。

左下:背面側から見た様子。

右下:平行四辺形のカルサイト結晶です。光沢があり、内部には透明感が見られます。独特の雰囲気があります。



束沸石K

束沸石結晶が集まって大きくなったもの。レインボーが美しい、透明なアポフィライトと共生しています。普段はアポフィライトの引き立て役になっている事が多い束沸石ですが、こちらはボリュームがあり、かなりの迫力があります。黄色っぽい、明るい色合いです。マンガンによるものなのか、一部ピンク色をしています。

インド プーナ
幅約110×95×高さ約80ミリ
590g ¥6,000

別の方向から見た図。根元付近がピンク色になっています。黄色とピンクの優しい色合い。

上の方から見た図。ボリューム感が伝わるでしょうか。



束沸石L


とても細かい水晶の集まりの母岩に、大ぶりの束沸石の結晶が生えていて、とても迫力があり、見立ての良い一品。綺麗な淡いピンクベージュの色合いで、表面にはきめ細かい光沢が見られ、美しいです。母岩全体がL字型に屈折しているので、奥行きのある、いかにも立てて置いて下さいと言わんばかりの、見立ての綺麗な形をしています。

インド プーナ
幅約143×奥行約75×高さ約100ミリ
392g ¥12,500
左:ちょうどトップの位置に、しっかりと厚みのある、大きい結晶がどどーんと集まっていて、迫力があります。

左下:横斜め上から見た様子。底面が広く、据わりが良いです。母岩全体がとても細かい水晶の集まりで形成されています。

右下:母岩拡大図。白色のとても小さな水晶が集まっています。


トップページへ