ヒマラヤ産化石各種

ノジュール状になっているヒマラヤ産化石。
太古の海が隆起によって高山になっているということにもロマンを感じます。
一部、ノジュールをまとめておくためのテープの痕が残ってしまっています。

化石各種へ


ノジュール状化石A

パイライト化ベレムナイトが納まっているノジュール。一部に金色の光沢が見られます。化石を良く知らない人が見たらネジか何かの部品のように見えて古代のオーパーツと思うかもしれません。全体のサイズも大きく立派です。

ヒマラヤ山脈
直径98×78×60ミリ 651g
¥3,800



ノジュール状化石B

パイライト化したアンモナイトが納まっている一品。中心部のほうに鈍い金色の光沢が見られ、綺麗です。

ヒマラヤ山脈
直径76×56×40ミリ 268g
¥3,800



ノジュール状化石C

ちょうど中心部に綺麗に納まっているアンモナイト。凹凸がはっきりとしています。全体に厚みがあります。

ヒマラヤ山脈
直径74×60×50ミリ 320g
¥3,800



ノジュール状化石D

アンモナイト部分が露出していて、中心部にかぽっとはまる小さな蓋がついているようなタイプの一品。露出している部分は摩耗が見られますが蓋のある中央部分は凹凸が良く残っています。

ヒマラヤ山脈
直径79×62×35ミリ 228g
¥3,800



ノジュール状化石E

ちょっとアンモナイトの凹凸が分かりづらいですが、しっかりとかみ合う丸みのあるノジュールです。

ヒマラヤ山脈
直径68×62×50ミリ 308g
¥3,800



ノジュール状化石F

アンモナイトの側面の一部が表面に露出していて、タイヤのような凹凸が見られます。アンモナイトの表面のところどころに独特の光沢が見られます。

ヒマラヤ山脈
直径75×64×39ミリ 259g
¥3,800



ノジュール状化石G

サイズの大きいアンモナイトで、ほとんど露出しており、中心部にかぽっとはまる蓋の部分がついているタイプの一品。裏面も同じような感じなので、うまく叩いてあげると蓋の部分が外れるかもしれません。

ヒマラヤ山脈
直径77×67×40ミリ 262g
¥3,800


トップページへ