オーストラリアの話

オーストラリアに、行ってきました。
そこは、まさに赤く灼ける大地です。
しかし、その下は、さまざまな石達が眠っているワンダーランドなのです。
ピラミッド?と思ってしまうほど、きれいに直角の角を持つ山です。こういった形の山は、ダイヤモンドが出やすいという噂もあり、ちょっと興味津々で見てしまいました。 謎のキャラバン隊。道路を走っていたらいきなり遭遇して、思わず車を止めて写真をとってしまいました。これは最後尾で、先頭には人間の乗ったキャラバンが。意外とスピードあります。
海から生えている木。なかなか素敵な風景です。魚が住むのに良さそうです。 絶好のロケーションなのに、誰もいません。あまりに広いので、こんな所でさえ人口密度が低いです。
ひどいグラベル(非舗装路)を、小さな車をガタガタいわせて、延々と走りました。大変です。 川のそばなど、少しでも水気のある道沿いに多く見られる花。可憐な紫が、赤い大地に華を添えます。
ここは、ブリスベンに近い(とはいっても200kmくらい)の、閑静な住宅街。美しすぎです。 町を流れる川には、たくさんのトカゲが日光浴しています。ぼーっとしていてかわいいです。
アウトバック(奥地)の、元オパール鉱山近くの池。掘り返した跡に水がたまり、粘土質のため、動物達がズッポリはまっていました。1時間ほどで、カンガルー、羊、ヤギを救出しました。 その日の帰りに見た夕焼け。沢山の動物達の死骸と、ちょっと離れたところから母カンガルーの救出を見守っている子カンガルーの目は、今でも忘れられません。とても悲しい問題です。
大きな歩く鳥、エミュー。悠々と歩いています。恐竜は、やはり鳥になったんだな、と思わず実感。 ライトニングリッジにて、4ヶ月ぶりの雨です。雹と雷から始まり、またたくまに土砂降りに。
なんと、野生のコアラが道路にたまった水を飲んでいました!そーっと近づいて見ていたら、やっとこちらに気付き、すごく驚いた顔をして、おもむろに方向転換したと思ったら、木に向かって走り出しました。 木にたどり着いてしばらくは、地上から10cm程のところで、木につかまってこちらを見ていたのですが、やがてスルスルと登りだしました。あのビックリした顔は、本当に可愛かった!!


採掘の様子
オパール各種へ
オパール鉱山。この地下には、縦横無尽に通路が広がり、遺跡の内部のような不思議な世界が広がっています。発電機があるので、中はちゃんと電気がつきます。 地下およそ15mくらい潜ります。外は干上がるほどの暑さなのに、内部は粘土質で湿度が高く、ずっといると寒いくらいです。中で働いている分には、快適だといえます。
オパール鉱山は大体奥地なので、このようにキャンピングカーを改造したり、小屋を立てたりして、何人かで共同生活をしています。楽しそうです。 特製サンドイッチをご馳走になった、鉱山主の方。娘さんが鹿児島の学校で先生をやっているそうです。優しい方で、すっかり世話になってしまいました。
こちらは、別の場所にて。ただの土に見えますが、サファイアなどが採れる土を、地下から掘り上げたものです。 サファイア、ジルコンなど。ダークカラーが特徴です。光りにすかすと色合いが良くわかります。バケツ一杯、大体この量が採れます。

いつもは、現地の方に運転を手伝ってもらうのですが、
今回は、10日間、約5000kmの道のりを、一人で運転してみました。
カンガルーが飛び出してきたり、かなり大変でしたが、楽しかったです。
奥地ばかりだったので、空港を出てからは日本人には一度も遭遇しませんでした^^;


プロフィールに戻る  トップページへ