オパール化貝化石各種
(クーパーペディ)

オーストラリアの真中に、有名な貝オパールの産地があります。
オパール掘りの白人達が無数の穴を掘っている様子を指した
アボリジニ語がそのまま地名になっています。
ライトニングリッジではブラックオパール化した貝が産出しますが、
ここのオパール化貝化石はホワイトカラーがメインです。
白亜紀(1億4000万年前から 6500万年前)
オーストラリア クーパーペディ

オパール各種へ   オパール化化石各種へ

高品質オパール貝化石各種
近年見ることの少なくなった、ハイグレードのオパール化貝化石です。
高品質のオパールで、虹色の光が全面に現れ、
貝全体がオパール化している様子が観察できます。
熟練した職人が研磨している為、元の貝の形も損なわれていません。

高品質オパール貝化石A

素晴らしい品質の、大変美しいオパール化貝化石。いわゆるプレシャスオパールで、乳白色の地色にマルチカラーの遊色がきらきらと輝いて、見る向きや角度で豊かにその表情を変化させます。凹凸が多く見られるのは元の形状をしっかりと活かしているからです。やや扁平ですが、貝の形が分かりやすいです。反対側の面は細かいスポット状の遊色がぎっしりと見られ、とても華やかにきらめきます。クラックが見られるものの、よほどの衝撃を与えない限り、そこから割れたりすることはありません。

オーストラリア クーパーペディ
幅約46×36×10ミリ 10.6g
¥230,000



オパール貝化石1

つるりと磨かれた一品。所々に天然のままの部分が残されていて、貝の形はよく分かります。裏面も、細かい遊色が鮮やかで、美しいです。ブルーやグリーン、パープルの華やかな輝きが、見る向きによって変化します。

クーパーペディ
幅約34×23×厚さ約15ミリ
10.8g ¥25,000


オパール貝化石6
アサリのような二枚貝とちょっと異なる形状の貝。部分的にオパール化しており、その部分を研磨してあります。細かい遊色がメインで、様々な色に輝いて美しいです。変わりダネで面白いです。
一番大きなオパールの面。全面に遊色が良く輝いて、綺麗です。向きを変えるたび、光り方が変わります。
クーパーペディ
幅約40×22×20ミリ
10.4g ¥50,000
↑少し角度を変えてみると、時々大きめの光のスポットが現れます。 ↑拡大図。様々な色の、細かい光がぎっしり詰まっているよう。美しいです。
左:横から見た様子。白っぽく写っている部分がオパールカしている箇所で、これらの部分にも細かい遊色が見られます。層状になっている様子も観察できます。

左下:別の向きから見た様子。白っぽい部分は他の面同様細かい遊色を見る事が出来ます。

右下:裏面の様子。不思議な形をしています。中心部にも遊色を持った白いオパールが現れています。ベージュの部分は砂岩質です。






トップページへ