オパール化ストロマトライト各種

ストロマトライトがオパール化した、珍しい化石です。
表面の凹凸や、断面から見た様子など、形が良く残っています。
全体が鉄鉱石(ボルダー)に置換した化石で、
内部にオパールの脈が広がっている様子が観察できます。
オパール各種へ

オパール化化石各種へ


オパールストロマトライト磨きA

もこもことした特徴的な形状をそのまま残して研磨したものです。無数の細かいオパールの脈が走っているのが特徴で、向きによってその所々にパープル系の遊色が浮かび上がり、表情の変化が楽しめます。

オーストラリア クィーンズランド
幅約23×13×8ミリ 2.22g
¥9,800


オパールストロマトライト磨きB

もこもことした面の方にも少し遊色が見られます。沢山の細かいオパールの脈が走っていて、様々なブルー系の色合いにピカピカと光る様子は青い稲妻のようです。

オーストラリア クィーンズランド
幅約17×16×7ミリ 1.81g
¥15,000


オパールストロマトライト磨きC

ミルクチョコレートの様な色合いで入り組んだ形状をそのまま残してある磨き。全体に細かいオパールの脈が走っていて、角度によってぴかぴかと大変強く光ります。グリーンやブルーの色合いに光って美しいです。

オーストラリア クィーンズランド
幅約29×17×14ミリ 7.32g
¥20,000



オパール化ストロマトライトC

もこもこが大きい一品。裏面が断面になっていて、ブルーやパープルの遊色が細かい脈状に分布しています。向きや角度で光り方の変化がみられます。

オーストラリア クィーンズランド
幅約34×27×17ミリ 17.5g
¥4,000


オパール化ストロマトライトE

厚みのある一品。立体感のあるもこもこした面の特徴が良く出ています。隆起した部分に細かい脈が含まれていて、ブルーグリーンやパープルの遊色がとても綺麗に光ります。

オーストラリア クィーンズランド
幅約33×24×奥行約32ミリ 26.6g
¥4,800


オパール化ストロマトライトI

明るい茶色の木目のような断面に、ブルーグリーンやパープル系の遊色が分布していて、とても美しいです。一部に表面のもこもこの面も残っています。オパールの脈は細かく、見る向きや角度によって光り方が変化して楽しいです。

オーストラリア クィーンズランド
幅約52×36×24ミリ 48.9g
¥7,500



オパール化ストロマトライト大1

でこぼこの表面の形状がそのまま化石化し、鉄鉱石に置換しているストロマトライト。表面は黄土色ですが、内部は褐色のボルダー(鉄鉱石)で、断面から見ると、オパールの脈が分布している様子が分かります。比較的サイズが大きく、側面の状態が全体的に良く残っていて、標本としてとても面白い一品。

オーストラリア クィーンズランド
幅約110×70×41ミリ
296g ¥32,000
裏面の様子。こちらもでこぼこの形状が良く観察できます。端の一部に剥離面があり、オパールの脈が露出していて、綺麗な光沢が観察できます。
左上:断面の様子。細かい脈が分布している様子が分かります。

右上:側面の端の剥離面の様子。オパールの細かい脈が全体に含まれていることが分かります。

左:断面のオパールの脈の拡大図。ブルー系の色合いに光ります。

左下:反対側の断面の様子。厚みはありませんが端の方にオパールの脈が観察できます。

右下:側面から見た様子。片側に厚みがある様子が分かります。


トップページへ