ホンジュラスオパール各種
南米のホンジュラス共和国で産出するオパール。
オーストラリアのアンダムーカオパールに似ています。
アンダムーカは砂糖で焼く事により母岩を黒く着色していますが、
この産地のものは、天然の状態で灰、黒褐色の母岩のものがあり、
とても美しい遊色が浮かび上がります。
オパールへ


ホンジュラスオパールA

母岩付きの、カンテラタイプのカボッション。オパール自体は大変クリアで、鮮やかな虹色の遊色が全体にきらめき、とても美しい高品質の一品。見る向きや角度でたさいに表情を変化させ、広範囲が光るので迫力があります。

ホンジュラス
直径約13×11×厚さ約5ミリ 4.07ct
¥33,000


ホンジュラスオパールB

母岩ごとカボッションにしてあるカンテラタイプの一品。オパール自体はとてもクリアで、ブルーやグリーンなどの遊色がきらめく様子が美しいです。また、底面のほうにレインボーがきらめく様子も見られます。

ホンジュラス
直径約16×14×厚さ約6ミリ 7.57ct
¥30,000


ホンジュラスオパールC

比較的サイズ感のあるカンテラタイプのカボッションで、オパールがいくつものプールのように分かれて分布しているのも特徴的です。とてもクリアなオパールに遊色が美しく浮かび上がり、大変綺麗で迫力があります。オパール自体に厚みがあり、底面のほうにも抜けています。

ホンジュラス
直径約22×15×厚さ約7ミリ 15.1ct
¥68,000


ホンジュラスオパール美品・原石セット
通常、ホンジュラス産のオパールはマトリックスタイプといって、母岩にオパールの成分が浸み込んだような状態ですが、本品は母岩上に美しい遊色オパールの厚みのある層が見られる、とても珍しいタイプの一品です。遊色も大変華やかで、とても見事です。表面を研磨してあります。
拡大図。カラフルな遊色がキラキラと輝き、見る角度によって表情を変化させる、素晴らしい宝石質のオパールです。オパール自体に厚みがあるため、輝きにも奥行きが感じられます。
ホンジュラス
幅約38×17×厚さ約6.5ミリ 
研磨品:4.23g 原石:8.18g
研磨品と原石とのセット¥218,000
↑全体に、流れるような模様が浮かんでいるのも特徴です。本当にカラフルで美しい遊色です。 ↑横から見た様子。母岩上に、厚みのあるオパールが分布しています。透明感も美しいです。
↑別の無機の側面から見た様子。こちらはやや不規則な形のままです。 ↑透明なオパールの内部に、カラフルな遊色がとても華やかに輝きます。

セットの原石

母岩上に透明感のあるオパールが分布していて、厚みがあり、遊色も鮮やかで美しいです。カットが取れそうな部分が多く見られます。画像で見るよりずっと鮮やかです。


ホンジュラスオパール原石各種
スライス及び原石の状態のものです。
表面に薄くラッカーを塗ってありますが、多孔質の為、凹凸が大きく、
そのままでは遊色が見られません。
水につけると、鮮やかな遊色が浮かびあがり、大変美しいです。
日光に当てると、さらに華やかなきらめきが見られます。

ホンジュラスオパールG

実際はもう少し明るい黒褐色の母岩をしています。オーストラリアのマトリックスオパールのように、広範囲が同じ色に光る様子が観察できます。二面が平らにしてありますが、それ以外の面は凹凸が残されています。カラフルな遊色が大変綺麗です。

ホンジュラス共和国
幅約58×36×21ミリ 22.1g
¥23,000



ホンジュラスオパールH

正方形に近い形になっている一品。全体がチャコールグレーで、黒っぽい部分も見られます。両面を平らにしてある板状の一品で、側面部は凹凸が残されています。特に片面に、カラフルで細かい遊色が分布していて、華やかです。特に側面部の色合いが綺麗です。

ホンジュラス共和国
幅約45×38×11ミリ 28.5g
¥10,000



ホンジュラスオパールJ

片面はブルーやグリーンがメインの遊色が、反対側の面はレッドやグリーンの遊色が見られる一品。オパールの分布はブルー系のほうの面が広く、全体が光る様子が観察できます。側面部もカラフルに光る様子が綺麗です。

ホンジュラス共和国
幅約53×50×8ミリ 27.6g
¥20,000



ホンジュラスオパールK

しっかりとした厚みのある一品。片面が平らにしてあります。ナチュラルの面の方は、ラッカーが白っぽく残っている箇所が見られますが、遊色の光沢が大変カラフルで、美しいです。特にレッドやブルーが強く出ていて、良く光ります。側面部も綺麗です。

ホンジュラス共和国
幅約58×36×15ミリ 34.3g
¥23,000


トップページへ