ペンタゴン石各種
成分はカバンシ石とほぼ同じですが、結晶形が異なる、珍しい石です。
板状の伸びやかな結晶で、断面が星型になるのが特徴です。
写真だとすごいブルーですが、実物はもうすこし落ち着いた青です。
いずれもインド産で、束沸石と共生しています。

ペンタゴン石BSOLD!
綺麗な柱状の結晶。沢山の透明で鮮やかなブルーの結晶が放射状に広がっている様子が観察できます。所々に細かい束沸石が見られます。結晶はシリコンでケースに固定してあり、キャップ付きなので破損やホコリの心配がありません。
インド プーナ ワゴリ鉱山 高さ約21×幅約9×9ミリ ¥13,000


母岩付きペンタゴン石大
とてもサイズの大きい、母岩付きタイプの一品。右端にあるのはカバンシ石で、左側にある二つの結晶はペンタゴン石です。両方の結晶が共生しているものはなかなか見ることがなく、標本としてとても面白いです。どの結晶も形が綺麗に出ていて、状態が良いのが特徴です。母岩表面を細かい束沸石が覆っていて、キラキラ細かい光沢が美しいです。
インド プーナ 全体の幅:140×90×50ミリ
カバンシ石:11×9ミリ
中心のペンタゴン石:20×17ミリ
左端のペンタゴン石:28×10ミリ
645g ¥70,000
↑カバンシ石。鮮やかな青に写っていますが、実物はもっと深く濃厚な青緑色をしています。光沢が綺麗です。 ↑中心のペンタゴン石。透明感があり、とても伸びやかな、美しい結晶です。色合いもとても鮮やかです。
↑左端のペンタゴン石結晶。沢山の細かい結晶が集合しています。結晶形が良く観察でき、光沢や色合いが美しいです。 ↑別の向きから見た様子。とても迫力があります。母岩の細かい隙間に入り込んでいる様子が分かります。


トップページへ