水晶観音像

このページで紹介されているものは、
インクルージョンの含まれていない上質水晶を使用しているものです。
日の当たる場所に置いておくと、プリズムのように虹を作り出します。
見る向きによって表情が異なり、とても面白いです。

水晶加工品各種へ


水晶観音像A

方ひざを立てて座っているタイプの観音像。肌や髪、足元の部分はつや消しになっています。クリアーな水晶を使用しており、透明感や光沢が綺麗です。据わりが良く、、安定感があります。

高さ約92×幅約34×奥行約32ミリ 85g
¥50,000



水晶観音像B

透明感がとても美しい、クリアーな水晶を使用した一品。つや消しが施されておらず、全面に光沢が見られるタイプの観音像です。優美な立ち姿で、大きな手に安心感を感じさせられます。台はありませんが、据わりが良く、安定しています。

高さ約100×幅約35×27ミリ 79g
¥70,000



水晶観音像C

立てひざの部分にレインボーがきらめく一品。若干モヤ状インクルージョンが見られますが透明感のある水晶を使用しています。肌と髪、足元の部分はつや消しを施してあります。据わりが良く、安定感があります。

高さ約125×幅約43×奥行約39ミリ 171g
¥80,000



水晶観音像D

木の台が付いている一品。透明感がとても綺麗な水晶を使用しています。中心部から下は無色ですが、上部に向かってごく淡いスモーキーの色合いになっています。肌と足もとの部分はつや消しが施されていて、唇や眉などの、顔の細かいパーツ部分は光沢仕上げになっています。立ち姿も綺麗な一品です。

台を含めた高さ:約170ミリ
高さ約154×幅約44×38ミリ 176g
¥120,000
↑正面から見た様子。閉じた目の部分も光沢仕上げです。 ↑背面から見た様子。透明感が良く分かります。
↑横から見た様子。 ↑横から見た様子。


水晶観音像F
ごくごく淡いスモーキーカラーの水晶を使用した一品。モヤ状インクルージョンを含みますが、透明感のある水晶です。肌や髪、足元の部分はつや消しになっています。衣や、足もとの波、蓮の葉など、どれも綺麗に表現されていて美しく、お顔の表情も穏やかで優美です。背面は波に高さがあり、立体感が見事です。
台を含めた高さ:約320ミリ 高さ約260×幅約104×奥行約96ミリ 1615g ¥280,000
↑背面の様子。波がとても立体的です。蓮の葉の透明感がみずみずしいです。
↑横から見た様子。蓮のつぼみが良いアクセントになっています。
↑半分開いた蓮の葉の表現などが丁寧です。
↑上半身の拡大図。とても穏やかなお顔です。
↑正面から見た様子。



 トップページへ