アホー石入り水晶各種

鮮やかな緑色がアホー石で、クリソコラなどの仲間です。
この鉱物が含まれている水晶は大変産出量が少なく、
知る人ぞ知る、稀少な水晶の一つです。
南アフリカ メッシーナ
水晶各種へ

ミニアホー石水晶C
根元がセルフヒールドになっている一品。鉄分と共にアホー石が内包されている様子が見られます。側面に小さなポイントが共生しています。
南アフリカ メッシーナ 長さ約17×幅約6×5ミリ 0.65g ¥2,800
ミニアホー石水晶D
やや細長い、味のあるポイント。先端のほうにアホー石が含まれている様子が観察できます。わかりづらいですが根元はセルフヒールドです。
南アフリカ メッシーナ 長さ約21×幅約5×4ミリ 0.68g ¥3,000
ミニアホー石水晶E
ファントムの一部にアホー石のブルーグリーンがほんのりと浮かび上がっています。小ぶりですがしっかりめのポイント。
南アフリカ メッシーナ 長さ約21×幅約7×5ミリ 1.27g ¥3,300
ミニアホー石水晶F
表層付近にアホー石の成分が含まれている様子が見られます。ほかの介在物も見られますが透明感があります。
南アフリカ メッシーナ 長さ約20×幅約9×5ミリ 1.06g ¥4,000
ミニアホー石水晶G
細長い形状のポイント。表層付近や先端部にアホー石のブルーグリーンの色合いが分布している様子が見られます。
南アフリカ メッシーナ 長さ約28×幅約5×4ミリ 0.97g ¥4,500
ミニアホー石水晶H
小さなポイントにアホー石が含まれている様子が見られる一品。根元のほうに小さなポイントをいくつか伴っています。
南アフリカ メッシーナ 長さ約23×幅約18×9ミリ 2.78g ¥4,000
ミニアホー石水晶I
先端付近に見られるファントムの一部にアホー石が含まれています。小ぶりですが味わいのあるポイントです。
南アフリカ メッシーナ 長さ約20×幅約6×5ミリ 0.82g ¥3,000
ミニアホー石水晶K
しっかりめの太さのある一品。先端付近にアホー石が含まれている様子が見られます。透明感も観察できます。
南アフリカ メッシーナ 長さ約20×幅約8×6ミリ 1.38g ¥4,500


ミニアホー石水晶J

三つのポイントが組み合わさっていて、そのうちの一つのポイントの先端に、アホー石のファントムが浮かんでいます。小さいポイントが共生しています。

南アフリカ メッシーナ
長さ約24×幅約18×11ミリ
3.07g ¥6,500


ミニアホー石水晶M

沢山の細長いポイントが群生しているクラスター。それぞれ、先端部にファントム状のアホー石が含まれている様子が見られます。ブルーグリーンの色合いがそれほど目立つわけではないものの、ほとんどのポイントの先端部に優しい色を添えています。とても立体的に結晶していて、迫力があります。

南アフリカ メッシーナ
幅約58×35×高さ約32ミリ
53.5g ¥30,000


アホー石水晶A

とても立体的な形状の一品。二つの大きいポイントが合わさっていて、全面が結晶しています。アホー石は、先端部にファントム状に含まれているほか、側面の一部にも分布しており、濃く鮮やかなブルーグリーンの色合いが大変綺麗です。この水晶は大きい先端が全部で3つあり、それぞれにアホー石の成分が見られ、鮮やかで美しいです。

南アフリカ メッシーナ
長さ約87×幅約61×42ミリ
245g ¥78,000
横から見た様子。それぞれ、先端部に鮮やかなブルーグリーンのアホー石がファントム状に含まれています。
先端部が二つ並んだ箇所の様子。鮮やかな発色が美しいです。
左上:拡大図。鉄分により赤くなった細かい水晶が周辺に分布しています。

右上:別の先端部の拡大図。

左:別の向きから見た様子。とても立体的な形状で、全体の形状をお伝えするのが難しいです。

左下:先端の様子。側面の一部が細かい結晶面になっています。

右下:細かい水晶や、緑廉石の成分に覆われている面の様子。



アホー石入り水晶B

大き目のポイントが二つ寄り沿っていて、下のほうに小さめのポイントがいくつか集まっている形状のクラスター。アホー石は大小のポイントの比較的先端のほうの数箇所に含まれています。表面に研磨を施していませんが、アホー石の分布の様子が良く観察でき、グリーンの色合いもきれいです。

長さ約80×幅約70×45ミリ
240g ¥65,000

裏面から見た様子。下のほうの小さいポイントの先端にアホー石がファントム状に含まれています。大きい、寄り添っているポイントの短いほうは側面の一部に欠けがあり、その部分にレインボーが見られます。長いほうのポイントは、中ほどから少し削れているように見えますが、セルフヒールドになっています。
↑大きいポイントの先端の様子。きれいなグリーンのアホー石です。 ↑よく見ると、アホー石はファントム状になっています。
↑横から見た様子。反対側に含まれているアホー石も透けて見えます。 ↑拡大図。比較的透明感があります。きれいな形のクラスターです。
↑横から見た様子。大きいポイントの肩の部分にもきれいなアホー石が含まれています。 ↑アホー石の部分の拡大図。研磨されていませんが、このように綺麗な緑色が確認できます。
←小さいポイントの先端にも、アホー石がファントム状に入っています。



アホー石入り水晶C

比較的サイズのあるポイントが、二つ組み合わさっている一品。太さがあり、立派です。両頭になっているポイントは、片側が鉄分により赤色をしていて、その反対側のファセットの3面にわたってアホー石を含んでいます。その部分は表面を研磨してあり、放射状に広がっている様子や、絹糸光沢がよく観察できます。

長さ約85×幅約62×52ミリ
315g ¥98,000

裏面から見た様子。内部に含まれた鉄分により、ピンク色を混ぜたような美しい薄赤色をしています。光にかざしてみると、細かいポイントを大きく包み込むように成長していることが分かります。全体が、味わいのある風合いで、美しい水晶です。

アホー石を含んでいる方のポイントの様子。幅があり、含まれている成分の違いにより、両端で色が異なっている様子が面白いです。
↑明るい緑色がアホー石です。他にも色々な色の鉱物がインクルージョンされています。 ↑放射状に広がったアホー石。美しい繊維状の光沢が見られます。
↑上から見た様子。アホー石を含まないほうのポイントは頭がない状態で、セルフヒールドになっています。 ↑鉄分による赤色が美しいポイントの様子。細かな結晶面の重なり合いなど、特徴的な形状も観察できます。


アホー石水晶E
クラスタータイプの一品。サイズが大きく、立派です。中心部にサイズの大きいポイントが生えていて、その周辺に沢山のポイントが集まっている様子が見られます。どのポイントも、先端部にファントム状のアホー石を内包していて、美しいです。また、側面部には鉄分によるレッドオレンジや、緑簾石による若草色がガーデン状になっていて、ちょうどアホー石のブルーグリーンとマッチして、とても色鮮やかで美しいです。
南アフリカ メッシーナ
幅約153×95×高さ約65ミリ 594g ¥110,000
↑ポイントが集合している箇所の拡大図。ちょっと暗く写っていますが、明るい色合いがとても綺麗です。
↑クラスターを背面から見た様子。大きいポイントの右側にはあまりポイントが見られず、ほとんど左側の方に集まっています。
横から見た様子。綺麗なポイントが集まっています。
大きいポイントの拡大図。先端部に微細な自然銅の成分と共にファントム状に含まれており、アホー石のブルーグリーンと、銅によるピンクオレンジの光沢がとても美しいです。
左:とてもカラフルで、見ていて飽きません。


トップページへ