オレンジルチル水晶

はっと息を呑むような、素晴らしい光沢を持つオレンジルチルクォーツ。
特に太陽光できらめく様は、強いエネルギーに満ち溢れています。
正確には、ルチルではなく、チタニウムダイオキサイドを含んでいます。
ひとつの穴からしか産出されておらず、大変希少性が高い水晶でもあります。
鉱山名の由来は肘(コトビロ)に似ている事からきています。
ブラジル バイア コトビロ鉱山

水晶各種へ  ルチル水晶各種へ



オレンジルチル水晶D

サイズの大きい、とても立派な一品。幅広でどっしりとしていて、立てて置けます。内部には束状のオレンジルチルが含まれていて、勢いのある光沢が観察できます。画像では分かりづらいですが、側面部から見たときの光沢が特に美しく、とても華やかさがあります。一部にモヤ状インクルージョンが含まれていますが、水晶自体に透明感があります。また、細かいレインボーが綺麗です。表面にはコンパクトですが複数の先端を持つ両頭水晶が共生しています。表面光沢も強く、サイズが大きいだけではない、高品質の一品です。

ブラジル バイア コトビロ鉱山
幅約83×52×高さ約57ミリ 236g
¥68,000


トップページへ