桜石各種
侘び寂びの世界観をそのまま表しているような、味わいのある石の桜。
正体はアイオライトの仮晶で、白雲母に変化したものです。
中心からは、六条の線が伸びています。
和の風情が楽しめるユニークな石です。

京都産桜石
京都府 亀岡市 稗田野町 柿花
京都桜石B
ピンクゴールド系の色合いの桜が咲いている一品。母岩のところどころに顔を出しています。
京都府 亀岡市 稗田野町 柿花
幅約34×23×18ミリ 14g ¥2,800

群馬県産桜石
群馬桜石B
平たい母岩の端の方にぽつんと咲いた白い桜です。やや小ぶりですが、形がきれいに出ていて、白銀に強く光ります。
群馬県 勢多郡 東村 沢入
幅約48×33×14ミリ 結晶:約5ミリ 16.8g ¥3,500


岐阜産梅花石・小菊花石
岐阜県飛騨高山産の、梅や菊を思わせる模様が浮かんでいて趣のある品です。
8000万年前の火山活動で針状に結晶した長石が集合したものです。
色合いも日本風で、繊細さを感じさせます。
色合いや模様に応じて梅と菊で呼び方が変わりますが、ここでは梅花石で統一してあります。
梅花石B
板状の一品。やや赤みを帯びたお花模様が見られる一品。放射状の構造も観察できます。どちらかというと菊花という感じです。
岐阜県 飛騨高山 幅約39×38×厚さ約4ミリ 9g ¥2,000

梅花石D
板状の一品。ピンク系の地色に、白い小花が咲いていてかわいらしい一品。梅花石という感じです。よくみると放射状になっている様子がわかります。
岐阜県 飛騨高山 幅約72×38×厚さ約5ミリ 18g ¥2,500
梅花石E
板状の一品。モザイク模様が中心にあり、端のほうに菊の花のような模様が見られます。黒字に白い模様が引き立っています。
岐阜県 飛騨高山 幅約64×55×厚さ約5ミリ 27g ¥2,500
梅花石F
板状の一品。やや赤みを帯びたような黒の地色が渋いです。お花模様もやや赤みを帯びています。模様が比較的大ぶりで、形といい、菊の花のようです。
岐阜県 飛騨高山 幅約85×44×厚さ約4ミリ 28g ¥3,000


梅花石I

とくに成形を施していない一品。ボリュームのある原石です。白い放射状の模様がいくつも浮かんでいます。まさに菊の花のような雰囲気です。黒地に白い花模様がよく映えています。

岐阜県 飛騨高山
幅約77×57×42ミリ 253g
¥6,000

梅花石J
とてもサイズの大きい板状の一品。黒地に白い模様がたくさん浮かんでいます。まさに菊の花のような模様が見られます。見どころが多く、眺めていて飽きません。
岐阜県 飛騨高山 幅約170×140×厚さ約4ミリ 212g ¥8,800
↑裏面の様子
↑菊花模様の拡大図。大きいものは1.5cm以上あります。


栃木県産桜石
栃木県 日光市 足尾町 庚申川


中国産菊花石
方解石の成分で、桜石とは成分も種類も異なりますが、
お花シリーズで載せてみました。
菊は高貴の象徴で、白い菊の花言葉は「真実」です。

トップページへ