老うさぎ介護について

 お店のうさぎさん

老うさぎ介護について
今まで沢山のうさぎさんを飼ってきました。
年をとるにつれ、段々弱ってきてしまうのを見て、
あれこれと工夫してきました。
徐々に体力が落ちていくのですが、そのままの状態で長生きする子と、
急に発作を起こして、亡くなってしまう子がいます。
体力が落ちたまま長生きする子も、管理の仕方によって、
ある程度健康で元気な体で長生きできます。
病院に連れて行ったりすると、逆にストレスになって、早く亡くなってしまう事が多くありました。
やはり、自宅でどれだけ大事に可愛がってあげられるかが重要です。

ぴーちゃんはうちの古株うさぎさんです。やはり昔ペットショップで売れ残っていたのを引き取られてきました。

あれから8年、大分よぼよぼになってきて、一時は寝たきり状態でしたが、手でご飯をあげたり、水を飲ませたりして介護しているうち、段々回復してきて、再び立つことが出来るようになりました。

寝たきり改善には、お風呂に入れてあげたのが効果的だったようです。
マッサージ効果や血行改善効果があるので、その子の性格にもよりますが、お年寄りうさぎさんは、たらいにお湯を張った、ミニお風呂に入れてあげると良いかもしれません。
(ただ、臆病な子にはおすすめしません)

年をとってくると、ペレットが脂っこく感じるせいか、段々食べなくなってしまうので、野菜や蕎麦の実、ドライフルーツなどをあげると、食欲改善になります。
でも、やはりペレットを食べさせていたほうが、長生きするようです。手であげるようにすると、頑張って食べてくれます。

老うさぎさんを飼われている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 トップページへ