お店の大切な仲間たちを紹介します。
みんなだいぶ年をとってきたけれど、まだまだ現役で、裏庭を跳ね回っています。

石のうさぎ  赤ちゃん情報  みんなのその後
あいとゆき  しろた2世のページ 普段のうさぎたち
老うさぎ介護について うさぎの飼い方


もんちゃん

ペットショップで一目惚れして連れて来てしまったうさぎさんです。
細身でちんまり可愛かったのが、今ではすっかり大柄に成長した女の子です。
ネザーランドドワーフと書いてあったけれど、多分違います^^;
事務所の見張り役で頑張ってくれています。

ぽんた

ペットショップで売れ残っていたボクちゃん。
この子はレッキスという種類の、ふかふかの毛皮を持つうさぎさんです。
くるんとカールしたまつげと、つぶらな瞳がチャームポイントで、よく女の子と間違えられて可愛いとほめられます。
お店でパパの足の間に入って寝そべるのが大好きです。めすのうさぎにはあんまり興味がなく、ちょっとホモっぽいと評判です。

こじろう

こくろと同じく、初代しろたの一番最初のこどもです。ほんとは「こしろ」だったのですが、いつのまにか「こじろう」になっていました。とっても頭が大きくて、ゴジラ松井のような雰囲気があります。ぼーっとしているのが大好きな、大人しいうさぎさんです。

こじろうくん、と呼ぶと、「お?」という顔で振り向いてくれます。わが道を行く、のんびりやです。

あい

実は出戻りだったりする、ちょっと訳ありなうさぎさんです。気立てが優しく、おっとりしているのですが、なぜか黒いうさぎに対しては敵意を燃やして挑んでいく変なクセがあります。お行儀が良くて綺麗好きで、こじろうくんの奥さんです。

ゆき

あいぽんの娘のゆきは、真っ白な体に赤い目がとってもキュートなアルビノの女の子です。お耳や口元のピンクがうさぎ好きの心をくすぐります。すごく寂しがり家で、ほんとうなら一匹だけでかわいがってあげたいところなのですが・・・。人一倍人なつっこくて、だっこしてあげるとすぐに眠ってしまいます。
ほんとに良く似た親子です。 肉垂(メスにだけできる2重あご)もそっくりです。

ぴー

たまたま、おしっこしているときに写してしまいました。ちょっと太めの、しましまうさぎです。ゆきと仲が良くて、いつも2匹で悪だくみ?しています。丸くなって寝ていると、大きなお団子のようです。つぶらなひとみが可愛いです。

頭に対して、体が太く見えるのは気のせい?
食べることが大好きで、寝るか食べるか悪さするという毎日を送っています。

しろたくん

お店で一番古いうさぎさんです。こうみえて、もうおじいさんなんですよ。昔に比べれば足腰が弱くなった感じはしますが、まだまだ現役でお店の周りを駆け回っています。子供の面倒をよく見る、感心なパパでもあります。とっても頭が良くて、人の言葉をよく理解していて、名前を呼ぶと、とことこ走ってきます。しろたくん専用の木の机に手をかけて、物思いにふけっている姿は哲学者そのもの。

「やあみなさん、ようこそいらっしゃいました」
・・・と、出迎えてくれました。
今はお月様に帰ってしまいました。

こくろ(お局様)

しろたくんの娘。こちらもけっこう歴史の古い?うさぎさんです。しろたくんの一番最初の子供でもあります。表紙を飾っているのもこの子です。気のせいじゃなければ、この子は誰よりも言葉を理解しているようで、お客さんに「デブだねー」といわれるとほんとに機嫌の悪い顔をし、「かわいいねー」などとほめてもらうと、とってもうれしい顔をします。もうおばあちゃんだけど、複雑な女心を持っているのね。

「アタイが一番よ」という顔です。

トップページへ